2017年6月

公的年金等の雑所得扱いのメリットとは?

  • 2017.06.29

国民年金の老齢基礎年金や国民年金基金等の年金などは、公的年金等の雑所得扱いとなり、税制上優遇されていますが、実際には、どのようなメリットがあるのでしょうか。 公的年金等の雑所得の仕組みと、どのような所得が公的年金等の雑所得になるかについて解説します。

退職所得の退職所得控除などの3つのメリットとは?

  • 2017.06.22

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)等を一時金で受け取ると退職所得扱いとなり、税制上メリットがあるということをよく聞かれると思いますが、実際にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 今回は、退職所得の税制上のメリットと、どんな所得が退職所得となるかについて解説します。

国民年金基金と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を比較|どちらに加入すべき?

  • 2017.06.21

国民年金基金と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、拠出枠が同枠で、2制度の掛金を合わせての拠出限度額は月額68,000円(年間816,000円)までです。 拠出枠が同枠なので、どちらの制度に加入すべきなのか迷われる個人開業医の方もいらっしゃると思います。 国民年金基金と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の違いについて解説します。国民年金基金と個人型確定拠出年金の違いを理解し、どちらに加入 […]

国民年金の付加年金制度とは?|メリット・デメリットまとめ

  • 2017.06.14

簡単な手続きで国民年金(老齢基礎年金)の受給額を増やせる付加年金制度をご存知でしょうか?自営業者等の第1号被保険者のみが活用できる国民年金の上乗せ制度です。 国民年金の上乗せ制度しては、国民年金基金や個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)等がありますが、併用できるのでょうか。今回は付加年金の下記ポイントについて解説します。 付加年金制度とは? 付加年金と国民年金基金との関係 付加年金と個人型確定拠 […]

個人開業医の方にとっての個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)メリット・デメリット

  • 2017.06.13

最近、注目されている老後資金の準備方法の1つに個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)という制度があり、名前を耳にした方も多いと思います。 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)ですが、どのような制度なのでしょうか?個人開業医の方にとっては、どのようなメリットがあるのでしょうか? 今回の記事では、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の特徴と、メリット・デメリットについて解説します。

個人開業医の方の老後資金準備方法|国民年金基金制度のメリット・デメリット

  • 2017.06.06

第1号被保険者が65歳以降に受け取れる老齢基礎年金は夫婦2人、満額で月額約13万円です。その第1号被保険者の老後資金の不足を補う制度が国民年金基金です。 国民年金基金は、国民年金法の規定に基づく公的な年金です。 さて、この国民年金基金制度ですが、個人開業医の方にとっては、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?また、個人年金保険や確定拠出年金iDeCo(イデコ)との違いについても解説しま […]

個人開業医の方の退職金積立方法|小規模企業共済のメリット・デメリット

  • 2017.06.05

個人開業医の方は、サラリーマンなどの第2号被保険者に比べて社会保障が少ないので、不安を持っている方もいらっしゃるでしょう。 どのような手段で老後資金の準備をするべきか、と悩まれている方も少なくないでしょう。 『個人開業医の方が老後資金の準備に活用すべき3つの制度』で、小規模企業共済や国民年金基金、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)をご紹介しましたが、個人開業医の方は、退職金を自ら準備する必要が […]

国民年金の保険料を節約する方法|前納やクレジットカード払い

  • 2017.06.02

国民年金の保険料支払方法を変更するだけで、保険料を節約できることをご存知でしょうか? 簡単な方法で国民年金の保険料を節約することが可能ですが、個人開業医の方については、保険料を節約する際に注意して頂きたい点があります。 国民年金の前納制度のメリットと、利用の際に注意して頂きたい点について解説します。