国民年金

「確定年金」「終身年金」「有期年金」の違いとは?

  • 2017.07.19

国民年金基金や個人年金保険などの年金は受取期間によって「確定年金」「終身年金」「有期年金」の大きく3種類に分類できます。それぞれどのような内容で、どのような違い(特徴)があるのでしょうか? 年金の種類について解説します。国民年金基金は、加入の際に受け取る年金の種類を選択する必要がありますので、基本的な年金の種類について知り、加入プラン選択の際の参考にして頂ければと思います。

個人事業主である個人開業医の方が働けない場合の休業補償

  • 2017.07.07

第1号被保険者である個人開業医の方は、万が一の際の公的保障が、第2号被保険者であるサラリーマンに比べて少ないですが、病気やケガが原因で働けない場合の公的保障も例外ではありません。 個人事業主である個人開業医の方が病気やケガで働けない場合、収入を補てんしてくれるような公的な休業補償にはどのようなものがあるのでしょうか。個人開業医の方が病気やケガで働けない場合の公的保障の種類とその内容について解説しま […]

公的年金等の雑所得扱いのメリットとは?

  • 2017.06.29

国民年金の老齢基礎年金や国民年金基金等の年金などは、公的年金等の雑所得扱いとなり、税制上優遇されていますが、実際には、どのようなメリットがあるのでしょうか。 公的年金等の雑所得の仕組みと、どのような所得が公的年金等の雑所得になるかについて解説します。

国民年金の付加年金制度とは?|メリット・デメリットまとめ

  • 2017.06.14

簡単な手続きで国民年金(老齢基礎年金)の受給額を増やせる付加年金制度をご存知でしょうか?自営業者等の第1号被保険者のみが活用できる国民年金の上乗せ制度です。 国民年金の上乗せ制度しては、国民年金基金や個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)等がありますが、併用できるのでょうか。今回は付加年金の下記ポイントについて解説します。 付加年金制度とは? 付加年金と国民年金基金との関係 付加年金と個人型確定拠 […]

個人開業医の方の老後資金準備方法|国民年金基金制度のメリット・デメリット

  • 2017.06.06

第1号被保険者が65歳以降に受け取れる老齢基礎年金は夫婦2人、満額で月額約13万円です。その第1号被保険者の老後資金の不足を補う制度が国民年金基金です。 国民年金基金は、国民年金法の規定に基づく公的な年金です。 さて、この国民年金基金制度ですが、個人開業医の方にとっては、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?また、個人年金保険や確定拠出年金iDeCo(イデコ)との違いについても解説しま […]

国民年金の保険料を節約する方法|前納やクレジットカード払い

  • 2017.06.02

国民年金の保険料支払方法を変更するだけで、保険料を節約できることをご存知でしょうか? 簡単な方法で国民年金の保険料を節約することが可能ですが、個人開業医の方については、保険料を節約する際に注意して頂きたい点があります。 国民年金の前納制度のメリットと、利用の際に注意して頂きたい点について解説します。

個人開業医の方の公的年金制度とは?個人年金保険との比較

  • 2017.05.12

国民年金等の公的年金制度は、保険料を支払っても将来、年金をもらえない可能性があるため保険料を支払いたくないと、未納状態の方もいます。保険料未納の選択は正しいのでしょうか? そもそも、公的年金は保険料を何年間払えば、いつから、いくら受け取れるものなのでしょうか?また、公的年金のメリットはないのでしょうか? 今回は、個人開業医の方の公的年金制度について解説します。どのような保障(給付)があり、どの程度 […]

個人開業医の方に対する社会保険制度(社会保険)とは?

  • 2017.05.11

日本は国民皆年金、国民皆保険で、社会保障制度(公的保障制度)は充実しています。よって、民間の保険を検討する際には、ご自身の公的保障(社会保障)がどの程度あるのかを考慮する必要があります。 今回は、個人開業医の方の公的保障(社会保障)には、どのようなものがあるのかをご紹介し、社会保障制度(公的保障制度)と民間保険の関係について解説します。