国民年金基金

個人年金保険への加入前に押さえておくべき3つのデメリットとは?

  • 2018.07.17

公的年金(国民年金・厚生年金)に不信感があり、民間の個人年保険への加入を検討しているが、実際にはどのような内容の保険なのかしっかり理解できていない方も多いはずです。 そこで、今回は個人年金保険加入前に押さえておいて頂きたい下記ポイントについて解説します。 ・個人年金保険とは?どのような内容の保険か? ・個人年金保険は加入すべき保険か? ・個人年金保険への加入のデメリット ・個人年金保険と国民年金基 […]

「確定年金」「終身年金」「有期年金」の違いとは?

  • 2017.07.19

国民年金基金や個人年金保険などの年金は受取期間によって「確定年金」「終身年金」「有期年金」の大きく3種類に分類できます。それぞれどのような内容で、どのような違い(特徴)があるのでしょうか? 年金の種類について解説します。国民年金基金は、加入の際に受け取る年金の種類を選択する必要がありますので、基本的な年金の種類について知り、加入プラン選択の際の参考にして頂ければと思います。

公的年金等の雑所得扱いのメリットとは?

  • 2017.06.29

国民年金の老齢基礎年金や国民年金基金等の年金などは、公的年金等の雑所得扱いとなり、税制上優遇されていますが、実際には、どのようなメリットがあるのでしょうか。 公的年金等の雑所得の仕組みと、どのような所得が公的年金等の雑所得になるかについて解説します。

退職所得の退職所得控除などの3つのメリットとは?

  • 2017.06.22

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)等を一時金で受け取ると退職所得扱いとなり、税制上メリットがあるということをよく聞かれると思いますが、実際にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 今回は、退職所得の税制上のメリットと、どんな所得が退職所得となるかについて解説します。

国民年金基金と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を比較|どちらに加入すべき?

  • 2017.06.21

国民年金基金と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、拠出枠が同枠で、2制度の掛金を合わせての拠出限度額は月額68,000円(年間816,000円)までです。 拠出枠が同枠なので、どちらの制度に加入すべきなのか迷われる個人開業医の方もいらっしゃると思います。 国民年金基金と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の違いについて解説します。国民年金基金と個人型確定拠出年金の違いを理解し、どちらに加入 […]

国民年金の付加年金制度とは?|メリット・デメリットまとめ

  • 2017.06.14

簡単な手続きで国民年金(老齢基礎年金)の受給額を増やせる付加年金制度をご存知でしょうか?自営業者等の第1号被保険者のみが活用できる国民年金の上乗せ制度です。 国民年金の上乗せ制度しては、国民年金基金や個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)等がありますが、併用できるのでょうか。今回は付加年金の下記ポイントについて解説します。 付加年金制度とは? 付加年金と国民年金基金との関係 付加年金と個人型確定拠 […]

個人開業医の方の老後資金準備方法|国民年金基金制度のメリット・デメリット

  • 2017.06.06

第1号被保険者が65歳以降に受け取れる老齢基礎年金は夫婦2人、満額で月額約13万円です。その第1号被保険者の老後資金の不足を補う制度が国民年金基金です。 国民年金基金は、国民年金法の規定に基づく公的な年金です。 さて、この国民年金基金制度ですが、個人開業医の方にとっては、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?また、個人年金保険や確定拠出年金iDeCo(イデコ)との違いについても解説しま […]

個人開業医の方が老後資金の準備に活用すべき3つの制度

  • 2017.05.15

日本は国民皆年金とはいえ、公的年金制度の保障は最低限のものであり、自助努力が必要であることは間違いありません。 特に第1号被保険者である個人開業医の方は、国民年金(老齢基礎年金・障害基礎年金・遺族基礎年金)のみなので、第2号被保険者であるサラリーマン(会社員)に比べるとより一層の自助努力が必要です。 自助努力というと、貯蓄や民間の生命保険、個人年金保険をまず頭に思い浮かべる方も多いと思いますが、そ […]