2017年11月

贈与は申告・納税さえすれば、否認されない!?

  • 2017.11.27

暦年贈与は財産を減らす最も簡単な相続対策の1つです。しかし、簡単な方法だけに税務調査で否認されることが多いのも事実です。 相続税の税務調査で贈与が否認されると、贈与した金額は相続財産に加算され、相続税の対象になります。基礎控除内(110万以内)で贈与していた場合、無税で引き継いだと思っていた財産に相続税が課税されることになります。   では、どうすれば否認されないように贈与できるでしょう […]

運用商品としての外貨建て生命保険のおすすめ度は?

  • 2017.11.21

運用商品の1つとして外貨建て生命保険をすすめられている方もいらっしゃると思いますが、運用商品として考えた場合の外貨建て生命保険は検討に値するのでしょうか? 今回は、外貨預金と外貨建て生命保険を比較して運用商品として、どのような違いがあるのかや、どのような点が優れているのか、劣っているのかを解説したいと思います。

生命保険の見直し時に活用できる解約以外の4つの方法

  • 2017.11.15

生命保険を見直す際にまず思い付く方法は、古い契約を“解約”して新しい契約に加入する方法ではないでしょうか。しかし、生命保険は安易に解約するといくつかのデメリットが発生する可能性があることを下記の記事でご紹介しました。 参考:生命保険を解約する場合に注意すべき6つのポイント 実は、解約以外にも生命保険の見直し時に活用できる方法があります。今回は生命保険の保障内容見直し時に活用できる“解約”以外の方法 […]

特約で主契約に保障を追加する2つのメリット、3つのデメリット

  • 2017.11.09

生命保険の契約に特約を追加することをすすめられたことはないでしょうか? 定期保険特約や災害割増特約、医療特約など、色々な種類の特約があります。保障を特約で追加すると、メリットもありますが、デメリットもあります。 今回は保障を特約で追加する場合のメリットとデメリットをご紹介します。

外貨建て生命保険のメリット・デメリット

  • 2017.11.07

終身保険や養老保険などの貯蓄型の生命保険は、予定利率が下がり、非常に魅力が乏しい状態です。そのような状況の中、アメリカドル(米ドル)やオーストラリアドル(豪ドル)などで運用される、外貨建ての終身保険や養老保険、個人年金保険などが注目を浴びています。 外貨建ての生命保険には、どのようなメリットがあり、逆にどのようなデメリットがあるのでしょうか? 外貨建ての生命保険のメリットやデメリット、また加入する […]

定期保険は保険期間が長い方がお得?

  • 2017.11.02

定期保険の保険期間は10年、20年、30年等、短い期間で加入することも長い期間で加入することも可能です。定期保険は、短い期間で加入する場合と長い期間で加入する場合ではどちらが得でしょうか? 今回は下記パターンを比較し、定期保険の加入の仕方を考えてみたいと思います。 ◆30歳から「保険期間10年の定期保険」に加入、更新し、20年間又は30年間加入する ◆30歳から「保険期間20年の定期保険」に加入す […]